3黒の話、つづき

おはようございます、猫丸庵の女将です。

左から黒丸子、おはぎ、ひじき

昨日は2/22、にーにーにーで、猫の日ですねってことで、我が家の3黒の黒丸子をふりかえりましたので、今日はひじきとおはぎの話を書きますね。

2017年8月31日、常連のお客様が隣地域の畑に遺棄されていた生後一週間の子猫を三匹連れていらっしゃいました。

ボロボロで150gくらいしかなかった我が家にやってきた日の姿

猫の乳飲み子を育てたことはありませんでしたが、「うちか愛護センターか」という究極の選択をおっしゃられていたので、上手に育てられず死んでしまうかもしれなけれど、すぐ殺されるよりは。。。と、三匹を引き受けることにしました。(動物愛護センターでは、仔猫はほぼ殺処分の対象となってしまいます)

ボロボロの三匹は、互いの局部を吸い合い脱水から逃れようと、生きようと必死でした。
ミルクをあげても、その癖はなかなか抜けず、気が付けば互いの局部をチューチューしてしまい、段ボールで小部屋を作って隔離しても、気付いたら三匹一緒にかたまりチューチュー(笑)、放っておくと腫れて傷ついてしまうので、隔離の壁はどんどん高くなり…この隔離が一番大変でした。

気が付くと、チューチュー

隔離といえば、もちろん大人猫と接触はしばらく避けなくてはなりません。
病院に連れて行って初期診察してもらった後もしばらく隔離して病気やノミやダニなどの虫が感染しないよう気を付けました。

必死にミルクを吸う姿は、たくましかった。(縞柄の子はウズラ、今は優しい方に可愛がられて幸せに暮らしています(*‘ω‘ *))

ドンドン子守りをよくやってくれました。

先輩猫にも可愛がられ…

先輩猫ミケにバケツの水の飲み方を教わるの図

周りの人間たちの心配をよそに、仲良く3匹で成長してくれました。

兄弟猫は、仲良しで可愛すぎなんです。
くっついて眠るのも兄弟猫あるある♥

そして、里親募集をかけたのですが…

里親募集の為に必死で撮ったカワイイ写真w

シンガーソングライターとして全国で活躍する上間綾乃ちゃんにも抱っこしていたたいたのですが…

超絶美女に抱かれるの図

2匹一緒で飼って欲しいという私の希望もハードル高く、更には…だんだん手放したくなくなる私の気持ち…

ウズラは、2018年4月に我が家を卒業しましたが、ひじきとおはぎは、我が家の子になりました。

黒猫3匹と黒っぽい甲斐犬サンゴがいるから、黒い動物好きと思われがちな女将がやっている猫丸庵は、土日祝日もやってます。
営業時間は11:30〜16:00です。
定休日は木曜日と金曜日ですが、3/13(金)は、やなえもんことDJアニキさんの講演会なので夜19時からやってます。チケット残り僅かの予約制となっておりますので、やなえもんのお話を聞いてみたい!と感じた方は、お早めに予約なさってくださいね。
どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です