10年経ちました。

投稿日:

おばんです、猫丸庵の女将です。

昨日は、猫丸かおる先生が他界して10年という節目でした。

節目だからといって、何かするわけでもなく、先生を想いながら過ごしました。

イラスト「できるの?」
猫丸かおる先生が描いた、私(右)と先生

死というものは2つあると私は思っています。

ひとつは肉体的な死、もうひとつは記憶から消える死。

生きている限り、私は先生を忘れる事は病気にならない限りないので、そういう意味で先生は死んでいないんです。

さて今年は、先生の漫画コラムも本にまとめられたし、なんだかお役目を終えた感が否めない私…。

ふっふっふ、猫丸かおるは不滅です!

しかし、先生の作品をポストカードにしたり、色々チャレンジしてみたいなぁなんて事も思っています。

先生が生きていたら、このコロナ禍でどんな風刺似顔絵を描いたかなぁ…見たかったなぁ(先生の風刺画は、こちらをご覧ください)

先生、そろそろ私の夢の中に出てきてくださいよ、お願いします。
そっちに猫之進ちゃんもいるから寂しくないよね、これからも、ほどほどに頑張っていくから見守ってくださいね。

猫丸かおるを人生の師匠と仰ぐ女将がやっている猫丸庵は、木曜日と金曜日が定休日、それ以外は11:30から16:00までやってます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です