母とカニ

投稿日:

おはようございます、猫丸庵の女将です。

昨日はアサリの味噌汁をお出ししたのですが、塩抜きしたら小さなカニが現れました。

image

二枚貝につく小さなカニ。(体長1cmもありません)
かすかに生きていたのですが、、、
女将:「食いしん坊のシロなら、食べちゃうかな?」
シロ:「くんくん……これ、美味しいのですか?」
女将の母:「シロに食べさせないで!観察したい!!」
女将:「か……観察?」

ということで、タッパーに塩水を作り、ワカメとカニを入れて母に託しました。

半日、カニを虫眼鏡で眺めて楽しむ母の姿に、将来の私が想像つきました。(笑)

その後、店じまいをした頃、母がカニを抱えて悲しそうにやってきました。

女将:「どうしたの?」
母:「カニさんが……元気ないみたい」
女将:「見せて」(まぁ、この手の小さな生き物は簡単には飼育できないだろうな……)
母:「もしかして、もぅ死んじゃってる?」

微かに動くカニ

女将:「わかったよ、もぅ(笑)!カニさんが暮らせる海に放しましょう!」
母:「え?あるの?」
女将:「二枚貝が沢山暮らしている海が泡瀬にあるから、そこ行こう!」

急きょ、日暮れまでに泡瀬干潟にドライブが決定しました。

image

そして、無事に泡瀬に放たれたカニ。

運良く干潮で、夕焼けが美しい時間でした。

image

「カニさん、元気でね!」
と、本気で話しかける母……間違いなく私たちは親子です。(笑)

image

別れを惜しんでカニをつつく母。(笑)

女将:「お母さん!つつかないで!もう海が満ちて来てるから、カニを踏んづけちゃうよ!危ないから帰るよ!!(笑)」

image

その後、泡瀬干潟で、美しい夕焼けを堪能できました。

母:「カニさんのお陰で、綺麗な夕焼けが見れたね」
女将:「そうだね……」

愛すべきキャラの母がいる猫丸庵は、土日祝祭日もやってます。
営業時間は11:30~16:00まで。

どうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です