シロロのお母さん?

こんにちは、猫丸庵の女将です。

今やすっかり猫丸庵の一番人気のシロロ。
シロロは2018年の12月に我が家にやってきました。

来たばかりなのに、このリラックス…

当初、里親募集をかけていたのですが、なかなかお声もかからず、それならば…と、我が家の9匹目の猫になりました。

シロロが一人で暮らしていた場所は広い公園で、シロロがいた場所とは少し離れた場所に、とても良く似た雌猫が居ました。

シロロを保護してから気付いたのですが…

この目つき、この手足の短さ…毛色…

恐らく、この猫は、シロロのお母さん…

親離れしたシロロが、公園の別の場所で暮らしていた という感じだと思います。
このお母ちゃんとシロロが一緒にいるところは見たことがありませんでした。

このお母さん猫は、今はもう公園にはいません。
どこにいってしまったのかわかりませんが、その公園には絶えず猫が捨てられます。

公園に子猫を捨てにくる人がいるのです。
公園の猫たちを守ろうとTNR活動をされている方もいます。

猫たちは、人間によってこの場所で暮らすしかない状態にされたわけなのだから、公園などに居ついている猫たちに、どうか優しく接して欲しいです。

決して恵まれた環境ではない場所で、必死に生きているか弱い命に、優しく接する気持ちの余裕を、多くの人に持って欲しいと願ってやみません。

彼らは、そこに住みたいのではなく、そこしか無いのだと思います。
公園で地域猫としてご飯をもらえなくなったら、住宅街に出てゴミ袋をあさりにいくでしょう。
ご飯を探してさまよって、車の事故に遭う危険性も増すでしょう。

どうか、優しく見守って欲しいです。

シロロは、うちに来て、まぁまぁ居心地は悪くないようなので、こんなリラックスして暮らしてくれています。(保護して一か月くらいの写真)

シロロのお母さん、シロロは、たぶん…公園にいたときよりは幸せだと思いますから、安心してくださいね。

中城村を【にゃかぐすく村】にして、猫を優遇する村になってくれたらいいなぁと妄想する女将がやっている猫丸庵は、木曜日と金曜日が定休日です。
営業時間は11:30~16:00です。

どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です